インプラントの手術は自由診療

インプラント治療を行う

インプラントは自分の歯のようだ

インプラント治療は、歯が無くなってしまった人にとってありがたい手術方法だと言えます。入れ歯だと固いものが噛めなかったり、毎日洗浄しなければならない手間と、歯茎との密着が弱い場合に咀嚼に障害が出てしまいます。しかし、自分の歯茎に金属製の芯を埋め込み、そこにセラミック状の歯をかぶせることで、見た目が綺麗で自分の歯と同様に見えます。自由診療で全額自己負担になりますが、インプラント治療をすれば半年に一度定期検診を行うだけで、今まで通りの咀嚼ができるので手術する価値はあるでしょう。金属アレルギーがある人も問題ない治療方法ですので、インプラント手術は幅広い人に受け入れやすい治療法だと言えます。注意点としては自由診療であるため、治療費が高額になることと、完成するまでに半年くらい時間がかかってしまうことです。糖尿病など特定の病気がある人も受け入れられないデメリットもあります。自由診療でも、治療費として確定申告で計上できる可能性もあるので、ただ高いだけだと言って敬遠するのは早計です。入れ歯で今まで噛めなかったものを食べられるようになる喜びを感じてもらえるように、年配の方に勧めてもいいのではないでしょうか。

インプラントの良い情報

↑PAGE TOP

Menu