インプラントの費用内訳について

インプラントを受ける際に理解しておきたいことは、通常歯科治療ではく、治療に外科手術が伴うことがあります。手術では最初に精密検査と治療計画の確認が行われ、1次手術の後に定着期間を設け、その後2次手術を受け人工歯を装着することで治療が完了します。インプラントは高額な費用がかかることが知られていますが、基礎知識としてどのような内訳になっているのか把握をしておく必要があります。費用は歯科クリニックによってバラつきがあり、相場としては1本あたり35万円前後からとされています。内訳としては上部構造代として5万円~15万円程度がかかることになり、材質によっても違いがあります。インプラントで押さえておきたいものにその他の費用があり、安い歯科クリニックの場合にはここでの費用が別途となっているケースが多いために事前に確認をしておく必要があります。その他の内訳としてはまずレントゲン撮影やCT撮影などの相談・検査・診断があり5,000円~50,000円程度かかることになります。次にサイスナリフトや骨移植などの補助手術50,000~があり、より効果の高い麻酔を希望する場合には3,000円~30,000円程度が必要になります。鎮痛剤や抗生物質、消炎剤などの投薬はオペ費に含まれることが多いものの実費になり、他にも、重要となる定期検査やクリーニングに5,000円~10,000円程度が必要になります。料金設定は各クリニックによってまちまちであるために、受ける際にはどこまでが含まれているのか確認をしておくことが大切になります。

↑PAGE TOP

Menu